« 新型インフルエンザにつき | トップページ | 練習再開! »

2009年5月18日 (月)

大阪大学モンゴル語学科新歓 文化交流

5月17日。大阪大学モンゴル語学科新歓 文化交流に呼んでもらいました。

今年、入学した1年生は21人。2年生、3・4年生、モンゴルからの留学生、研究生、院生、そして、北芝からもオトウら6名参加して、 60脚のイスでは足りず、立ち見を前提としたコンサートnotes

Dsc00059 ここ数年叩かれていなかった「北芝饗囃子」は、新メンバーにとっては初お披露目。この曲は、わが保存会にとって初めての持ち曲で、ここからすべてはスタートしたのですrun
そんな「北芝響囃子」を新メンバーを中心に、みんな頑張りましたshine母校で演奏することになったりょうちゃんは、どこに目をやっても、学生さんと視線があい、緊張していたとかeyeそう、新メンバーの一人りょうちゃんは、阪大モンゴル語科の先生なのですpen

Dsc00065 「美ら海」は、主力メンバーが演奏し、会場は、確かに「美ら海」に変わり、学生さんたちも、釘付けになって、見てくれました。

演奏後、日本人だけでなく、モンゴルからの留学生も「太鼓の練習を見に行きたい。」「ワークショップはいつあるんですか?」と興味をもってくれました。
はい。みなさんにもっと太鼓を知ってもらうようワークショップを企画しますよgood

Dsc00072 私たちの後、邦楽部の学生さんによるお琴の演奏があり、お琴の弾き方を教えてもらいました。

Dsc00055 最後に、サグワさん山本さんのモンゴルの伝統音楽の演奏。すでに、お二人には、3月8日の国際婦人デーに、北芝に来て、横笛馬頭琴ホーミー揚琴を披露していただきました。今回は、さらに、技術面をしっかり勉強させてもらいました。 鼓吹にとっても、演奏だけでなく、多様な文化を学ぶ機会となり、興味深い1日でした。

最後になりましたが、大阪大学モンゴル語科のみなさん、新入生歓迎会によんでいただきありがとうございました!またイベントの際には声をかけていただけると、大変うれしいですheart02みなさんの良子先生も、どんどん上達しています。これからも暖かく見守ってくださいねclover

北芝解放太鼓保存会ホームページ

|

« 新型インフルエンザにつき | トップページ | 練習再開! »

コメント

鼓吹の皆さま

先日の新歓では素晴らしい演奏を本当にありがとうございました!!

決して条件のととのった会場ではなかったのに、どんなコンディションでも渾身の演奏で、観る側の度肝をぬいてしまう鼓吹の皆さんのすごさに、ファン歴半年の私もあらためて感動しましたhappy02

初めて鼓吹の演奏を聴いた新入生たちにとってはかなりの衝撃impact&とっても喜んでいましたheart
いつも仲良くさせていただいているGCOのメンバーはというと、
「美ら海のしめ太鼓は男性打ち手3人と本沢さんやで!豪華!」
「みてみてチヅちゃんの姿勢!」
「しょうへいくんの伸ばしたときの腕!」
「○○さんの筋肉!」
・・・など少しずつマニアックになってきていますsweat01
すみません!

本澤さん、朋樹さん、チヅさんは、演奏後も残って一緒に時間を過ごしてくださって、本当にありがとうございました!happy01

全国大会やたいまつなど、夏は鼓吹の季節ですねyacht
益々の活躍をとっても楽しみにしております!

投稿: まさやん・v・ | 2009年5月18日 (月) 20時58分

新歓では演奏をいただき、ありがとうございました!
足下からびりびりと震えてくるような迫力ある演奏で、心から揺さぶられました。聞けてよかったです!またよろしくお願いします

投稿: みや | 2009年5月18日 (月) 21時02分

***まさやん
テンツクをこっそり練習中のまさやん、コメントありがとう!ファンだなんて言われると歯がゆいですが、いつも応援してくれてホントに嬉しいですsunところで、鼓吹にはいつ入るんですか?Tリーダーが「遅刻したら、まさやん怒りそうだから入ったら困る」って怯えてるので、早く入ってくださ~い♪

***みやさん
コメントありがとうございます!また是非よんで下さいね。また、阪大以外でも鼓吹の演奏を聞きに来ていただけると嬉しいです☆

投稿: チヅ | 2009年5月18日 (月) 22時38分

「大瀧萌ゆる」で聴いて以来の演奏でした!いつも期待を裏切らないステージ、さすが鼓吹ですshine
日常生活からふっと解き放してくれる爽快感に、一瞬トランス状態に陥ったような気がします!!

いつも元気と感動をありがとうございます。
次に聴ける日を楽しみにしていますよーnotes

投稿: ちぃちゃん | 2009年5月19日 (火) 01時15分

こんばんは!
モンゴル語科4年生の土谷飛鳥です。
17日、初めて鼓吹の皆さんの演奏を聴かせて戴きました!

本当に、ただただ感動しました。
太鼓は内に響き、笛の音色は全身を包んでくれ、イメージする前に情景が広がる演奏でした‥!!
素晴らしい舞台、本当にありがとうございました!
すぐにでもライトピアへと伺わせて戴きたいです!また顔を出させて戴きます!!
本当に、本当に、ありがとうございました!!
つちやあすかデシタ☆

投稿: あすか | 2009年5月19日 (火) 01時16分

おはようございます
モンゴル語科の小さな新歓にトップメンバーで来てくださり
ありがとうございました。
学生諸君、2曲目の「美ら海」は、日本一の演奏曲なんですよ。

鼓吹の演奏を見ると
真剣の演舞を見るときのような緊張感、
魔法で魂を抜かれたようなトランス感、
見終わった後、指先まで勢いよく血が流れて温かくなる再生感があります。
うすっぺらい商業ベースの芸術が氾濫していますが、本来、人類が生み出した芸術というのは、こういうもんだ、ということを思い起こさせる力があります。

飛鳥。去年、いっしょにフブスグル湖(モンゴル)に行ったよね。あの時、湖上空から落ちた雷鳴が、湖を震わせ、がけをかけあがっていった時のこと、覚えている?あの感覚が戻ってきませんでしたか?

私は、練習に参加させていただいて、半年を越えたところ。
今回の演奏でも「先生、よく頑張っていますね」という気持ちで学生のみんなにも暖かく見守ってもらいました。ありがとう!
ただ、そこで感心させるのではなく、
伝統「芸の技」を磨いて、トップ鼓吹のように「元気のおすそ分け」ができるようになりたいと、あらためて思いました。

22日にNICOでゼミ(3,4年生)の懇親会があります。今回、おもてなしができなかったので、もし、よければ、8時から遊びに来てくださいませんか?今にもファンクラブができそうな雰囲気なので、今岡ゼミ一同、大歓迎です。


投稿: りょ | 2009年5月19日 (火) 09時35分

まさやん:
見るところが段々とマニアックになってますね(笑)

条件が整っている舞台は限りなくないですよ。そんな舞台ができるのはプロでもお金を持っているチームだけ・・・

でも、うちらのいいところは、観客と演者の距離が近いということ。これは、そうないことやし、親近感があるのはすごく大事なこと。

お客さんの大切さがわかるからね。

みやさん:
日曜日はありがとうございました。初めて見た太鼓の演奏が心に響いてくれたのならメンバーも嬉しいことです。
また、見に来てくださいね。

千明ちゃん:
「大瀧萌ゆる」見に来てくれてありがとう!
期待を裏切らないのは、多分日ごろからみんながしっかりと練習をしてくれているからだと思います。
あとは、オレの才能も少し・・・(違うか~)

舞台は、いつでも非日常であるべきだと思っているので、いつもの世界を飛び出して鼓吹の世界に浸ってくれればいいですよ。
それが毎回できるように頑張ります。

あすかちゃん:
はじめましてですね。
喜んでくれて嬉しいです。中学生が入ればもっとスゴイ演奏になるので、また見に来てくださいね。
らいとぴあにも是非遊びに来てください。
メンバー一同待ってますよ~!!

投稿: ともき | 2009年5月19日 (火) 11時16分

先日は、モンゴル語科新入生歓迎会での演奏を披露して頂き、本当にありがとうございました!!!
4年生の齊藤千絵と言います。
太鼓の響きが体中にこだまして、興奮しっぱなしでした!
笛の音色もとっても素敵で、本当に素晴らしい時間を過ごすことができました!
今月末に練習に行かせていただくことにしたので、またまた楽しみが増えました!
素晴らしい演奏をありがとうございました!

投稿: 齊藤 千絵 | 2009年5月20日 (水) 09時54分

齋藤 千絵さん:
始めましてですね。
こちらここそありがとうございました。

千絵ちゃんは、ギタリストでしたっけ?
今月末に遊びに来てくれるのでしたら、遊びの延長線でギターと和太鼓とコラボしてみませんか?
きっと楽しくなると思いますよ。
ギターが重たくなければ持って来てくださいね。

投稿: ともき | 2009年5月20日 (水) 15時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109519/29668590

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪大学モンゴル語学科新歓 文化交流:

« 新型インフルエンザにつき | トップページ | 練習再開! »