« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月26日 (水)

年の瀬

先週は、叩き納め大掃除忘年会と年末行事のオンパレードでした。Imgp0271Imgp0273 

大掃除では、全ての太鼓の皮に化粧水をコットンで付け、乾燥をふせぎます(写真左)。

右の写真は折れたり、ささくれたりしたバチ。約1年でこんなにもたまってしまいました。

バチも、太鼓もお疲れ様でした☆

Imgp0339 さて、日付は変わり、忘年会♪
ボーリング大会の後は、美味しい料理を囲んでワイワイ楽しみました。

下の写真は、「今年1年で一番印象に残る公演」と、「来年何を頑張るか」をコメントしているメンバーと、母さん、お父たち。

印象に残った公演で、特に多かったのは、2中の文化祭。
中学生メンバーだけの公演で、友達や先生の前で叩いたのが、緊張とともに楽しかったみたいです。

今年1年間ありがとうございました。来年もいい公演ができるよう頑張るので、応援よろしくお願いしますm(_ _)m

Imgp0279Imgp0281 Imgp0283 Imgp0284 Imgp0286 Imgp0287 Imgp0288 Imgp0290 Imgp0291 Imgp0293 Imgp0295 Imgp0297 Imgp0298 Imgp0299 Imgp0301 Imgp0302 Imgp0303 Imgp0304 Imgp0306 Imgp0307 Imgp0308 Imgp0310 Imgp0312 Imgp0313 Imgp0316 Imgp0317 Imgp0320 Imgp0323 Imgp0326 Imgp0328 Imgp0329 Imgp0331 Imgp0332 Imgp0333 Imgp0335 Imgp0337

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

太鼓の寿命

良い太鼓は一生もつと言われています。

鼓吹の太鼓もこの良い太鼓★★★
叩かれても叩かれても良い音を出くれます。

しかし、昨年10周年を迎えた鼓吹の太鼓たちは10年間音を出し続け、とうとう寿命がきてしまいました。

なぜ、一生ものと言われる太鼓が10年で破れてきたのか…
それは、鼓吹の曲は激しい曲が多く、力一杯叩くから♪
初めて鼓吹の練習を見たときは、「よくあんなに大きな音を出して、破れないなぁ」とびっくりしたくらいです。

練習は火水木。土日に公演が入ると金曜日も練習。
コンテストに出る前には、練習はより激しくなり、一週間まるまる太鼓三昧の週もあるくらい。
そんなに叩かれても10年破れなかった太鼓はホントにすごいです!

Imgp0200 昨年、「長胴太鼓」の皮が破れ、続いて「桶胴太鼓」が破れ、先日はとうとう「大太鼓」が破れてしまいました。

寿命といっても、皮の話。
大きな木をくり貫いてできた、胴の部分はもっともっと長持ち!皮を張り替えれば、また新たに命が吹き込まれ、いい音を出してくれます。

Imgp0257 Imgp0258この2枚の写真はレンタル中の「大太鼓(左)」と、「桶胴太鼓(右)」。

先週、皮の破れた太鼓を、石川県「浅野太鼓」さんに持って行き、張り替えが終わるまでの間、代わりにと借りてきたもの☆

生まれ変わって帰ってくる太鼓を、心待ちにしている日々です。

.

.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »